過払い金とは?

債務整理の形の一つとして過払い金の請求がありますが、過払い金は過去に借金をしたことがある場合に借りていたお金を返済した際に本当なら払う必要がなかったお金を返済していた時に発生しているものです。

テレビの宣伝などで過払い金のコマーシャルを見たことがある人は多いと思いますが、違法な金融機関から借りていた場合だけでなく有名な大手消費者金融や信販会社からお金を借りていた場合も発生している可能性があります。

過払い金の請求については個人的に行う方法や法律のプロに依頼して行う方法がありますが、一般的には法律のプロに依頼するのがスタンダードな方法になっていて債務整理と同様に金融機関との交渉には金融や法律の知識が必要になってきます。


債務整理をするメリットにはいろいろありますが、任意整理や自己破産の場合は返すことができなかった借金を調節してもらうものなので当然ながらペナルティが発生します。

しかし、過払い金の請求については払い過ぎたお金が戻ってくるだけなので任意整理や自己破産とは根本的に意味が違っていてブラックリストに名前が載るなどのペナルティを受けることはありません

過払い金は過去に金融機関から借りたことがある人なら発生している可能性があるので自分に少しでも心当たりがある場合は調べることをおすすめしますが、時効が設定されているので遅くなってしまうと返ってくるはずのお金が返ってこなくなる可能性もあるので注意が必要です。

過払い金請求の時効

過去に借金をしたことがある場合にきちんと返済してきた人の中には支払う必要がなかったお金を払ってしまっている可能性があり、闇金のような違法業者はもちろんのことテレビコマーシャルでお馴染みのような大手消費者金融についても同様のことが言えます。

なぜ、過払い金が発生しているのかという理由については違法金利での借り入れが理由となっていますが、昔はグレー金利という金利帯が存在していて法律では認められてないものの、罰を受けることがない金利だったので当たり前のようにグレー金利での貸し付けをしていました。

過払い金請求はいつでも自由に行うことができるものですが、10年という時効が決められているので時効を超えて請求をしても一円のお金も戻ってこないので注意する必要があります。

債務整理の一つでもある過払い金の請求ですが、払い過ぎたお金が戻ってきても払う必要がなかったお金が戻ってくるだけなので他の債務整理をする場合と違って特にペナルティを受けることがありません。

そのため、他の債務整理を検討している場合はその前に過払い金の有無を調べてもらうことをおすすめしますが、過去の金融取引履歴が分からなくても弁護士や司法書士に依頼することで調べてもらうことができるので問題ありません。

ちなみに人によっては過払い金の請求をすることによって数百万円のお金が戻ってきたという事例もあるので、過去の取引履歴が曖昧でも調べてもらうことをおすすめします。

過払い金請求で戻ってくるお金

借金問題を抱えている場合に借金をリセットすることができる自己破産や既存の借金を減らして完済を進めて行くことができる債務整理の個人再生などを検討する場合にこれらの債務整理をしてしまうと借金問題は確かに片付くかもしれませんが、所有している財産が没収されてしまい官報に名前が載るなどの制裁を受けることになります。

お金を借りるということは当然ながら必ず返済するということを約束して借りているわけなので自己都合で返済することができなくなったのであればあまりにも都合がいいので
それ相応のペナルティがないと示しがつきません。

しかし、債務整理をする前に過払い金が発覚した場合はそのお金を取り返して借金返済に充てることも可能で、この場合は自分のお金が懐に入ってそれを返済に充てるだけなのでブラックリストに名前が入ることもありません

戻ってくる金額についてはグレー金利ゾーン帯で払っていた分になるので、キャッシングであれば金利20%を超えていた部分が返ってくるお金の対象になりますが、借りていた期間が長くなれば長いほど払っていた金利も多くなるので手元に戻ってくるお金は多くなります。

気をつけないといけないのは弁護士や司法書士に依頼する場合は依頼料が発生するという点で、過払い金の請求によって手元に戻ってくるお金が少ない場合は手数料の支払いが多くなってしまい手元に入るお金がそれだけ減ってしまう可能性があるので注意が必要です。